炭屋旅館| 京都の旅行・観光を新幹線と宿泊がセットで予約【そうだ 京都、行こう。】

炭屋旅館

大正の初め創業。茶の湯の心で旅人をもてなす

大正の初め創業。大正時代、茶道や華道、能楽などに通じる文化人たちが、ここに集ったことでも知られる老舗旅館。京都の中心部に位置し、華やかな繁華街を控えているのにもかかわらず、旅人を包み込むのは、穏やかな古都の静けさ。接客の基本に据えているのは「茶はさびて、心は厚くもてなせよ、道具はいつも有合せにせよ」という利休の歌。毎月7日と17日の夜、茶室「玉兎庵」に釜をかけ、宿泊客を招く慣習が久しく続けられています。数寄屋造りの客室は、夏には葭戸をたてて網代をしくなど、四季折々の伝統に倣った設えとすることを旨としています。旬の食材を使った懐石料理は、奥深く、洗練された京都ならではの味わいです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Mail

クチコミ

3.31

最新のクチコミ

あたたかみのあるお宿【★★★★☆】

4.5

旅行時期:2017/12

NAMMYさん

優しくあたたかみのある宿で、個人的にはぜひ再訪したい宿のひとつとなりました。荷物を預ける際に対応し…

クチコミ投稿日:2018/01/06

俵屋「炭屋」柊家

4.0

旅行時期:2017/01

実結樹さん

京都三大老舗旅館は麩屋町通に面して集約されています。 いずれも敷居の高いお宿ですが、どうせ泊まる…

クチコミ投稿日:2017/01/25

Powered by

アクセスマップ

交通

JR京都駅から地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅下車、徒歩約8分。

基本情報
住所:京都市中京区麩屋町三条下ル
電話番号:075-221-2188

ホテル施設

茶室(場所/1F)

イメージ

接客の基本は「茶はさびて、心は厚くもてなせよ、道具はいつも有合せにせよ」という利休の歌。毎月7日と17日の夜、茶室「玉兎庵」に釜をかけ、宿泊客を招く慣習が久しく続けられています。茶室は他に「一如庵」があります。

*要当日確認
*毎月7・17日の夕食後に薄茶サービス実施

※2017年3月現在の情報です。

京料理

イメージ

京料理の大きな魅力の一つは、季節ごとの京野菜。加茂茄子、聖護院、近江蕪、長岡の筍など四季の恵みをふんだんに使用しています。味つけは淡白に、材料そのものの味を生かすように仕上げた京ならではの上品な味わいを地元京都の酒と一緒にどうぞ。

*メニュー内容は変更となる場合があります。

※2017年3月現在の情報です。

ページトップへ戻る

検討ボックスが登録上限に達しています。
マイページ右上のマイページから確認できます。
閉じる
検索条件が登録上限に達しています。
マイページ右上のマイページから確認できます。
閉じる

検索条件を保存しました。

閉じる
ログインすることで、
便利な機能が使えます。
すでにお持ちのSNSアカウント(Facebook, Twitter, Google+)を使って、
今すぐかんたん会員登録!簡単ログイン!

閉じる