丸ノ内ホテル

イメージ
イメージ
東京駅・丸の内北口正面「丸の内オアゾ」内、観光に絶好のロケーション
約5年の歳月を経て大正3(1914)年創建当時の優美な姿に復元された「東京駅」。その丸の内北口正面に位置する「丸ノ内ホテル」は、東京駅から徒歩約1分、地下通路からも直結しています。また、「丸の内オアゾ」の上層階(7~17階)にあるので、観光はもちろんショッピングやグルメにも絶好のロケーションにあります。7階フロントでは11層の開放的なアトリウムが宿泊客を出迎えます。東京駅方面を見渡せるステーションビュー、緑あふれる屋上庭園を眼下に眺めるガーデンビューなど、さまざまなタイプからなる205の客室を用途に応じて楽しめます。

このプランをシェアする

  • Twitter
  • LINE
  • Mail

丸ノ内ホテルの魅力ベスト3

  • イメージ

    Point1
    東京駅北口すぐ、丸の内オアゾ内
    東京駅北口、地下通路直結という抜群のロケーション。どこへお出かけするにも便利です。丸ビル、新丸ビル、KITTEなど、おしゃれなショップの多い丸の内エリアを満喫できます。銀座や日本橋も近くです。
  • イメージ

    Point2
    ラグジュアリーな客室でくつろぐ贅沢
    東京駅方面を見渡せるステーションビュー、緑あふれる屋上庭園を眼下に眺めるガーデンビュー、和風コーナーリビング付きなど、さまざまなタイプの客室があります。都会の喧噪を忘れるラグジュアリーなホテルステイを。
  • イメージ

    Point3
    英国式リフレクソロジーサロン
    リフレクソロジー専用ルーム「salon 凛 rin」で心身をリラックス。「日本リフレクソロジー協会」公認、オールハンドでの施術は身体全体の血行やリンパの流れを促進して、体にたまった疲れを取り除きます。

    営業時間 15:00~23:30(最終受付23:00)
    TEL: 03-3217-1118
    *前日のご予約で、翌日12時からご利用可

編集部からのオススメポイント!

JR東京駅、東京メトロ東京駅・大手町駅のすぐそば。地下通路で直結しているので雨の日でも傘いらず。丸の内オアゾ内にあり、丸ビル、新丸ビル、KITTEなども近く、ショッピングや飲食店(ホテル内にもフレンチ、和食、鉄板焼き、バー&カフェあり)にも困らない。客室、ロビーでWi-Fi利用可能。部屋、バスルームは高級感あり、資生堂のシャンプー類や基礎化粧品(女性客のみ)、ナイトウェアや作務衣などがあるため手ぶらでOK。洋朝食のメインディッシュのメニューが豊富で、ブッフェもサラダ、フルーツ、ヨーグルト、そのトッピングのドライフルーツやナッツなど女性好みのヘルシーフードが揃っています。セントル ザ・ベーカリーと提携(ホテル業界初)し、メインディッシュのトーストにプルマンを提供している点もうれしい。このビルにリニューアルしたのは2004年ですが、創業90年以上の老舗で、スタッフの対応も丁寧でした。

アクセス

JR 東京駅丸の内北口より徒歩1分、地下丸の内北口より地下通路直結。東京メトロ 東京駅・大手町駅より徒歩3分、地下通路直結。丸の内オアゾ内。直結なので雨の日もアクセスしやすそうでした。周囲には丸ビル、新丸ビル、KITTEなどおしゃれなショッピング施設があり、飲食店、コンビニもたくさんあります。駅に直結しているので他の観光スポットに行くにも便利で、皇居も近くランニングや散策するのも楽しかったです。

スタッフ

丁寧な「チェックインですか」「洋朝食がリニューアルしました。パンがおいしいですよ」「チェックアウトですか」などの声掛けがあり親切で好印象でした。チェックイン時、「朝刊のサービスがあります」と言われ、何紙がよいか聞かれて無難に「朝日」と答えたのですが、他に何があるか選択肢は出されないものなのでしょうか?朝、隣の部屋を見たら英字新聞だったので「そういうのもあるのか」と思いました。そんなに困ったことではないので、それがマイナスにはなりませんが少し気になったところです。

エントランス

1Fのエントランスは小さめ。オアゾ内からも外側からも入れますが、少々わかりにくい。ただその分、ホテル利用者以外は出入りしにくい印象。ロビーも、ロビー自体は吹き抜けもあり広々として明るいのですが、椅子、ソファは少なめでした。それが「不便」という口コミを見たけれど、その分、人が少なく静かで落ち着いていて、よくわからない人がウロウロしていることもないので安心だと思いました。

部屋

部屋の広さ、間取りは普通です。コーヒー、お茶、ミネラルウォーター2本、湯沸かしポット類がありました。景観は駅側、駅と反対側でかなり違います。反対側はビルに囲まれており見通しはあまりよくありませんでした。駅側はライトアップされた東京駅や線路が見えるとのことでした。匂い、空調は特に問題ありません。枕は柔らかめ、硬めの2種類が用意されていました。ベッドの硬さは柔らかすぎずちょうどよかったです。コンセントはデスク回りに2つありました。

セキュリティー

カードキーでエレベーターに乗る際、カードを差し込まなければ動かず、自分の客室の階だけしか止まらないシステム。ロビーとの行き来もいちいちカードを差し込まなければならないので多少面倒かなとも思いましたが、女性客は安心だと思いました。

バス・トイレ(水回り)

バスルームは狭くトイレ、洗面、バスタブが近いですが清潔感があり、籐の椅子があったりアメニティがワゴンに入っていたり、歯ブラシ立てやバスローブ、バスピローがあったりと好印象。シャワーカーテンが二重になっていてバスタブの中に入れる・出すが分けられているので清潔なのもよかったです。アメニティのなかにボディタオル、ヘアゴム、綿棒もありました。ドライヤーもパナソニックなのも好印象。女性客はチェックイン時に資生堂のクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液セットがサービスされていて、不足の一切ないバスルームでした。

サービス

東京駅近辺には飲食店があり、コンビニにも困ることはないと思います。ホテル内にも8Fにフレンチ「ポム・ダダン」、7Fに和食「大志満椿壽」、鉄板焼き「大安くらぶ」、バー&カフェ「ル・コネスール丸ノ内ホテルTOKYO」があるとのことでしたので夕飯もホテル内でも楽しめそうでした。フレンチはリーズナブル(平日ランチコース2880円〜ディナー6000円〜)。ロビー階にカフェはありません。ルームサービスは利用しませんでしたが「22時まで」で終わるのがちょっと早いような気がしました。

料理

朝食は和定食か洋食(メインディッシュ+ブッフェ)を選べる。洋食のメインディシュは8種類から選択。主にハム+食パン、あるいは卵料理+食パン。できたてで美味。ブッフェはサラダ、フルーツ、シリアル、ドリンクなど。ブッフェにもクロワッサンなど(これはセントル ザ・ベーカリーではない)があったのでメインで足りない場合はそちらをいただけばいいので量は満足できました。9時チェックアウトのプランでもチェックアウト後に10時まで飲食できます。

アメニティ

  • アメニティ

エントランス

  • エントランス
  • エレベーターホール

バス・トイレ

  • 歯ブラシスタンド
  • 洗面
  • 洗面口

外観

  • 外観

周辺

  • 皇居周り
  • 周辺

食事

  • 朝食
  • 朝食ビュッフェ・オムレツ
  • 朝食ビュッフェ・フルーツ

眺望

  • 眺望

部屋

  • ベッド
  • ベッドサイドテーブル
  • ルームウェア
  • ルームデスク

丸ノ内ホテル 関連記事

アクセスマップ

アプリで見る

交通
JR山手線ほか東京駅丸の内北口から徒歩約1分、東京メトロ丸ノ内線 東京駅から徒歩約2分、東京メトロ東西線 大手町駅中央部改札から徒歩約3分(いずれも地下通路直結)
基本情報
住所 :千代田区丸の内1-6-3
電話番号 :03-3217-1111(代)

クチコミ

旅行会社からのおすすめコメント

  • JTB

    JR東京駅丸の内北口から徒歩約1分、東京駅の目の前にあるホテル。一部の客室や朝食レストランのテラス席からは、東京駅を行き交う列車を見られます。また、和風リビング付ツインのお部屋もあります。

  • JR東海ツアーズ

    丸の内オアゾの上に建ち東京駅丸の内北口正面とアクセスに便利です! 丸ノ内でお買い物をしたり東京駅を拠点に観光したり、レジャーに最適な立地、落ち着いた雰囲気が魅力です。

ホテル施設

ポム・ダダン(場所/8F)

イメージ

イメージ

イメージ

店名の「pomme d’Adam」とは、フランス語で「のどぼとけ」を意味します。直訳は「アダムのりんご」。西洋では「のどぼとけ=アダムがのどにつめた木の実(りんご)」とされ、のどぼとけも喜ぶフレンチレストラン、それがポム・ダダンです。お店の中は開放感あふれるアトリウム空間。東京の夜景を見渡せるテラス席もあり、優雅な雰囲気を味わえます。食事以外の時間帯も、カフェとして利用できるので、気軽に立ち寄れます。

料金:【ランチ】ランチコース2,880円~、【ディナー】ディナーコース6,000円~、【グランドメニュー】丸ノ内ホテルのこだわりカレー3,085円、ポムダダン伝統のハヤシライス3,085円など、【カフェ】本日のケーキとコーヒー又は紅茶2,019円など。
*料金は税サ込み

営業時間:朝食6:30~10:00、カフェ10:00~11:00、ランチ11:30~14:00、カフェ14:00~17:00、ディナー17:30~22:00(L.O.21:30)

TEL:03-3217-1117(直)

URL:http://www.marunouchi-hotel.co.jp/ja/pomme

※2016年10月現在の情報です。メニュー・料金は変更となる場合がございます。

鉄板焼処 大安くらぶ(場所/7F)

イメージ

カウンターに腰掛けると、目の前の窓から東京駅方面の景色が見渡せ、開放感満点。厳選された国産ブランド牛や新鮮な魚介類など、シェフがこだわり抜いた素材のみを使用。鉄板でジュージューと焼き上げるので、音や香りなどを楽しみながらステーキやアワビ、フォアグラなどの豪華食材を堪能できます。できる限り油分を抜いた調理法でヘルシーに焼き上げるのもこちらの特徴。個室もあるので家族での利用にも最適です。

料金:【ランチ】ランチコース5,940円~、ステーキランチ2,970円~など、【ディナー】ディナーコース14,256円(2名より)、ステーキディナー9,504円~など。
*料金は税サ込み


営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:30~22:00(L.O.21:00)/無休

TEL:03-3215-1051(直)

URL:http://www.marunouchi-hotel.co.jp/ja/daian

※2016年10月現在の情報です。メニュー・料金は変更となる場合がございます。

ル・コネスール 丸ノ内ホテル TOKYO店(場所/7F)

イメージ

フランス語で「こだわり」の意味を持つ“コネスール”。ライフスタイルにこだわりを持ち、楽しい時間を過ごしたいと願うゲストがゆったりと過ごせる場所を、という思いのこもったバー&カフェです。華美な装飾はなく、木を多用した落ち着いた色調の雰囲気で、シガーを楽しめるのも魅力。本場キューバ産を中心としたシガーの品揃えは豊富で、シガーにベストフィットする数々のドリンクもそろっています。独特の甘い香りが非日常の世界へ誘います。

料金:シガー(コイーバ)1,700円~、生ビール800円、カクテル各種1,000円~、ウイスキー・バーボン各1,200円~、シャンパン・グラス2,000円~、ワイン・グラス1,600円~など。
*料金は税サ別

営業時間:11:00~28:00(L.O.27:30、日祝11:00~23:00・L.O.22:30)/無休
*カフェタイム~17:00、バータイム17:00~

TEL:03-3215-5555(直)

URL:http://www.marunouchi-hotel.co.jp/ja/lu

※2016年10月現在の情報です。メニュー・料金は変更となる場合がございます。

丸ノ内ホテルに泊まれるプラン

丸ノ内ホテルの他のプランを見る

閉じる